借金してまで欲しかったもの

ゴールデンボーイズ > 生活 > 借金してまで欲しかったもの

借金してまで欲しかったもの

書籍の折込広告、タブロイド紙、電柱に張り付けられた宣伝やダイレクトメールなどで「多重借金の片付け任せなさい」「多重借金を集約しましょう」という内容のアピールを目にすることが多いです。

そのようなものは、「整理人」「買取専門人」「紹介者」という通称の悪徳業者の宣伝のケースもあるということです。

そのようなものを頼んだ際には破産申請フローの中で最優先の免責承認をもらえない危険性が存在します。

「整理屋」とは、ダイレクトメールなどで多重債務者を引きつけ、すさまじい手数料を出させて負債整頓をやりますが現実には整理は行われないまま、負債人はさらなる借金地獄に陥るときがすべてと考えてください。

「買取業者」の場合負債人のローンで家電製品、旅行のチケットをいっぱい購入させ借金者から購入した商品を定価の1割もしくは半額で引き取るという手口を使っています。

債務人はその瞬間は金がもらえますがまもなくクレジット会社によって購入物の定価の支払い要求が届き、実際は借金を増額させる結果になります。

この際はクレジットカード会社への詐欺に当たるとされてしまい免責承認をもらえません。

「紹介業者」の場合は、名の知れたサラ金から断られるようになった負債人に、資金提供は一切せずに、融通をする違う同業者を教えて、高額な紹介料を請求する悪徳業者です。

つなぎ屋は自らの手引きでお金を貸し出し可能になったかに解説しますが、何もしておらずただ単に審議の緩やかなサービスを伝えているというだけです。

このケースだと結局は借金を増やす結果となります。


関連記事

  1. お腹パンパン
  2. 貯金をする方法
  3. 大企業の技術職に就職する方法
  4. ちょっといいこと
  5. 転職希望者に何度目で内定を出すか
  6. 配偶者ビザと行政書士
  7. ハウスクリーニングを利用する価値とは
  8. 借金してまで欲しかったもの
  9. 債務返済妻がいつの間に...
  10. 借金を返した事があります。